CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< Groove Bulletin: April 2005概要ご紹介 | main | Groove Rapid Solutionの紹介(8) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Groove導入事例: 公認会計士事務所 
 先日のBulletinの掲載されていた、公認会計士事務所への事例の
紹介とします。
 Groove Rapid Solutionの紹介は次回に継続します。

事例研究: ジョージ・カプランPC、(公認会計士事務所)への導入

1.会社の背景
  ジョージ・カプランPC(略称:GKPC)は、公認会計士事務所およびビジネ スコンサルタントで、クライアントに戦略的金融や納税コンサルティング をおこなっています。
  主なクライイアントとしては、年商100万ドルと1000万ドルの間の
 製造業、不動産業、卸売販売およびインターネットに基づいた小売り業者 の各種業種の非公開会社です。

2.Grooveの導入の経緯
  多くの小企業は最もポピュラーな会計システムとして、イン チュイッ トのQuickBooksを使用しているようですが、必ずしも上手く、正確に
 使っているとは言えず、納税シーズンには同社の会計士が出張して処理し ていたが、カプランはより的確で効率の高いサービスを指向し、新しい
 システムの適用を考えていたとのこと。
  QuickBooksのファイルの大容量と秘密保持の問題から通常のメールの
 使用は問題が多いことからGrooveの適用を決定した。

3.Grooveの適用
  QuickBooksの大容量ファイルをクライアントと共有し、同期してライブ でやり取りを行う。
  サーバーや通信ネット等の追加的投資なしで導入、クライイアントの
 操作教育も容易。


4.ROI要約:
  ・ サービス能力の15%の増加。
  ・ 業務効率向上、出張、通信費節約。
  ・ 同じスタッフ数で、より多くのクライアントへの対処が可能。
  ・ クライイアントとライブで同期できるので「臨場意識」が
    高まる。
  ・ 快適な仕事が出来、より大きな従業員満足が得られた。

| ナレッジマネージメント | 21:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:12 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shirakaba.jugem.cc/trackback/57
トラックバック